よくあるご質問

TOP > Q&A > IVC for Cancer Programについて > クリニック

最寄りの病院の診療科目と自分のがんが異なるのですが、治療は受けられますか?

最寄りの病院の診療科目と自分のがんが異なるのですが、治療は受けられますか?

本プログラムの加盟クリニックは同じ治療メニューを共有しています。
発症されているがんがどの部位、病期(ステージ)であっても、すべての病院で一律の治療を受けられますのでご安心ください。

監修医師

点滴療法研究会マスターズクラブ会長 柳澤 厚生

杏林大学医学部卒業、同大学院修了。医学博士。
杏林大学保健学部救急救命学科教授を経て、2008年より国際統合医療教育センター所長。
2019年日本オーソモレキュラー医学会総会の会頭を務める。日本で初めてマイヤーズカクテル、グルタチオン療法、高濃度ビタミンC点滴療法を導入。

このプログラムをおこなうクリニックについて教えてください。

このプログラムをおこなうクリニックについて教えてください。

クリニック一覧はこちらからご確認いただけます。
IVC for Cancer Programを提供するクリニックは、診療科目に関わらず、がん患者さまと向き合う中で、高濃度ビタミンC点滴療法を中心とした本プログラムの治療法に賛同し、十分な知識・経験を積んだ医師が所属しています。

監修医師

点滴療法研究会マスターズクラブ会長 柳澤 厚生

杏林大学医学部卒業、同大学院修了。医学博士。
杏林大学保健学部救急救命学科教授を経て、2008年より国際統合医療教育センター所長。
2019年日本オーソモレキュラー医学会総会の会頭を務める。日本で初めてマイヤーズカクテル、グルタチオン療法、高濃度ビタミンC点滴療法を導入。

カテゴリ別Q&A

IVC for Cancer Program について

高濃度ビタミンC点滴療法について